1. 中国進出支援のA&Cアソシエイツ
  2. 中国マーケットのリアルタイムレポート

サービス概要

リアルタイムレポート

 華為技術有限公司(ファーウェイ・テクノロジーズ、以下華為)は1987年に中国広東省で創立された従業員持ち株制民間企業である。20年近くの発展を経て、現在世界有数な競争力の高い通信機器メーカーになった。

 本書は華為社設立してから20年近くの管理経験を整理し、過去の会議の議事録と社内通信を摘録し、テーマ別でまとめたものである。華為の価値観と人的資源管理システムの組み立ての秘密を読者に開示している。

 中国のビジネスマンはどのような情報に関心を持っているのでしょうか?この疑問の答えに迫るため、中国での売れ筋書籍を見ていきたいと思い ます。
 今回ご紹介するのは、中国大手オンライン書籍ウェブサイト「当当網」のビジネス書ランキングです。

2012年7月12(木)~16日(月)、注目を集めた第八回CCG EXPOはいよいよ上海世界博覧会展覧館で開催されました。

昨年も盛況を収めた中国国際有機食品博覧会が、今年も5月24~26日の3日間上海で開催されました。以下、イベントの様子を簡単にご紹介します。

2011年9月22~24日の3日間、中国食品工業協会キャンディー専門委員会(CNCA)と科隆国髯・W隗・L限公司(Koelnmesse)の主催で、2011年中国キャンディー文化祭・第八回中国国際菓子及びスナック食品展覧会が上海国際展覧センターで開催されました。 出展企業の構成は、食品会社として、日本系企業1社、韓国系企業3社、中国系企業約60社、欧米やその他約35社。その他食品に関連する機械メーカーからは約30社でした。 以下、それぞれの様子を、簡単にご紹介します。

今年3月に日本で発生した大地震以降、食品を中心として中国に輸出しづらくなっていると聞きます。実際に日本製品を敬遠する消費者もいるようです。しかし ながら日本製品は根強い人気があることを改めて実感できるイベントが開催されました。今回はそのイベントの様子をレポートします。

豚肉、饅頭、モヤシ・・・・相次ぐ違法添加物入りの食品に対するニュースにより、昨今の中国は、食品への安全意識がより一層強く高まってきています。 今回、ご報告させていただく展覧会は、違法な添加物ものはもちろんのこと、合法である農薬さえも使用しない「有機食品」を扱う企業が一斉に集まったものです。

もはや日本の国民食とも言えるラーメン。その起源とされる「拉面」は、「面(小麦粉)」の生地を「拉(引っ張り伸ばす)」した中国料理である。1食10元 (≒130円)前後で食べられる元祖「拉面」店は以前から町中至る所で見られていたが、近年になり「日式拉面(日本のラーメン)」などの、中国にとっては 言わば新感覚麺が完全に浸透し市民権を得ている。

中国では、ここ数年でベーカリーが続々と増え、その中でも外資系がしのぎを削っている。今回は特に上海で人気を集めている外資系ベーカリー2店をピックアップしご紹介したい。

 

  • 1
お問い合わせ
日本 TEL 03-6238-3508
中国 TEL +86(21)6171-3770
無料相談

  • 中国進出成功企業レポート
  • 中国リアルタイムレポート
  • 中国ビジネスの疑問1問1答

PAGE TOP