中国ビジネスの疑問一問一答

  1. 中国進出支援のA&Cアソシエイツ
  2. 中国ビジネスの疑問1問1答

中国ビジネスの疑問一問一答Q&A

現地スタッフに接客トレーニングをして効果がありますか?日本では接客の良さも弊社の強みの一つです。日本でのトレーニング内容が、どの程度中国で有効なのか不安です。

地域や業種、採用条件により差異はありますが、現地スタッフに接客トレーニングを行うことで、「高いレベルの接客」を行い得るように出来る可能性はあります。 弊社は日本と中国、それぞれで多くの企業様のトレーニングを行ってきましたが、中国現地スタッフのレベルは年々高まってきており、教育効果も上げやすくなっています。 しかしながら、日本のトレーニング内容がそのまま通用するわけではありません。特にお辞儀や笑顔のように、中国企業では日常的ではない行動を浸透させるには、様々な工夫が必要です。各業態毎に、トレーニング内容とマニュアルは、中国向けに再構築する必要があります。

現地スタッフ採用はできるのでしょうか。

日本の大手人材紹介会社が多数進出しており、日本語で対応してくれます。上海や北京などの都市部であれば、登録人数も多く、優秀な人材も見つけやすくなっています。 一 方、内陸部では人材紹介会社も拠点が少なく、採用が困難なようです。特に優秀な人材確保は容易ではありませんが、内陸部は今後の経済成長が見込めるので、 進出を考えられる場合には、早期から採用に着手し、必要数より大目の人数を集め、教育によって選抜していくなどの取り組みが必要です。

知人から「中国への投資」の話がありました。「企業や政府も関与しているプロジェクトなので信頼できる」とのことですが、本当に大丈夫でしょうか。

以前から頻繁にいただく相談です。 「政府のプロジェクト」「政府高官の家族が関与している」「中国業界で著名な方」「中国全土の○○に出店する権利を既に持っている」等々・・・。 全ての話が嘘だと限りませんが、「ビッグプロジェクト」ほど、「その後成功した」と聞くことは少ないように思います。 そこから考えますと、金銭面での投資はもちろんのこと、製品や技術を提供する場合でも、契約締結前に十分すぎるほどの事前調査を行うことは、不可欠です。 そして契約締結の前には、現地事情を把握している法律事務所と念入りに相談されることを強くお勧めします。「信頼できる相手だから」と相手企業の契約書を鵜呑みにするのは、トラブルのもとです。

中国市場への進出を検討していますが、まず何をしたら良いでしょうか?

「売りたいモノ(サービス)」が決まっているのであれば、中国の法的な調査、中国市場のニーズ調査、競合調査などから始めます。

日本国内である程度の調査をした後に現地視察を行うと、非常に効果的です。

一方、「売りたいモノ」が決まっていない場合や、本業以外での新規事業を予定している場合には、まず現地視察をしてみるとヒントを得られることがあります。

現地視察時は、少なくとも2縲怩R都市を時間をかけて確認するとより多くのことが確認できます。

中国で獲得した利益は、日本法人に持ってこれるのでしょうか?

出資会社として利益配分することはもちろん、コンサルティングフィーとしての支払いなどで対応することが可能です。 名目や経由方法により、税率が変わることもあります。 これは、中国における事業展開ビジョンや進出業態から詳細に検討し、最適な方法を選ぶ必要があります。 特に税率は、やり方によって異なる場合がありますので、注意が必要です。

上海や北京などは、既に日系企業大手や欧米の大手企業が進出している激戦区と聞きます。中小企業に進出の余地はあるのでしょうか?

上海、北京などに日本を初めとする外国企業が多く参入しているのは事実です。

それらの企業は、中国市場でのシェアを奪うため、多くの販促予算を投下しています。

しかし中国市場は巨大です。数%のシェアでも日本以上の収益を上げられる可能性もあります。

自社の強みを再確認し、その強みを中国で活かすことができないか調査される事をお勧めします。

中国進出にあたっては、中国企業と合弁会社を設立するのが最適と聞きましたが、本当でしょうか?

これまで合弁企業設立によって進出する日本企業が多かったのは事実です。それは、合弁企業なりのメリットがあるからです。 しかし、提携した中国企業とのトラブルなども多数発生しています。 これらの経緯から、昨今では日本企業からの100%出資会社(独資企業といいます)も増えてきています。 会社設立に制約を受けていない外食などの業種は、この独資を検討いただくことも良いと思います。 また、上記の他に「合作企業」という方式もあります。 進出する際の法人設立方法は、進出する業態、地域、日本企業の予算、中国企業との交流有無などを総合的に判断して、決定されることをお勧めします。

日本で経営している自社のFCを、中国でもFCとして展開することは可能でしょうか

中国で正式にFC展開を行うためには、FC関連の法的要件を満たす必要があります。 各種条件がありますが、既に日本でFCとして展開をしているならば、ほとんどの場合、可能です。

中国でFC展開するには、どのような条件があるのでしょうか

FC関連の法的要件には、現実的には様々な解釈があります。 業種や進出地域によって異なる可能性がありますが、原則として以下のような内容になります。 ?中国以外の国で既にFC展開をしている場合 申請して認められれば、中国でFCとして加盟者募集を行い、FCとして業務を行うことが可能です。 ?中国ではじめてFCを行う場合 「FC名称について商標登録ができていること。かつ、1年以上、2店舗以上の直営店を経営し、いずれかの店舗が黒字」という条件を満たした後に申請が可能です。 申請して認められれば、FCとして活動できます。

自社のFCモデルが中国で受け入れられるか判りません

中国での経済成長を背景に、多くの事業分野でビジネスチャンスがあります。 しかし、日本で成功したFCが、中国で成功するとは限りません。一方、日本で伸び悩んでいるFCが中国で成功する可能性もあります。 また、地方都市で受け入れられないビジネスが、上海などの大都市で成功する可能性もあります。 類似業態の調査や、テストマーケティングによって最適な進出方法を検討することをお勧めします。

自社のFCモデルを中国で展開する場合、食材などを日本から輸出したいのですが、可能でしょうか

日中間の輸出入には多数の制約があります。 特に食品は注意が必要で、詳細の事前調査をお勧めしています。調査結果に基づき、加工品として輸入したり、現地調達するなどの手段をとることになります。

自社のFCモデルについて、中国での経営権を購入してくれる中国側パートナー企業を探したいのですが、可能でしょうか

最近、特に良く頂くご相談です。 某拉麺チェーンのように、そのようなやり方で成功したFCモデルも、確かに存在しています。 その場合、中国側パートナーは経営能力が高く、信頼できる企業でなければなりません。 そのような企業に認めてもらうためには、日本でも成功している魅力的なFCである必要があります。特に、競争力、ブランド、マネジメントシステムはかなり高いレベルで無ければなりません。 FCモデルが、まだそれほど高いレベルにない場合、良いパートナーを見つけられる可能性は低いので、直営での出店をお勧めしています。

お問い合わせ
日本 TEL 03-6238-3508
中国 TEL +86(21)6171-3770
無料相談

  • 中国進出成功企業レポート
  • 中国リアルタイムレポート
  • 中国ビジネスの疑問1問1答

PAGE TOP